債務整理・過払金回収・破産・消費者問題など一人で悩まないでください!地元千葉で12年の実績をもつ「司法書士内田健夫事務所」があなたのお力になります。

〒260-0013 千葉市中央区中央4-14-1 千葉不動産ビル4B (県庁・裁判所近く)

ご相談無料・費用分割可能です!
043-224-6003
お問合せフォームはこちら
営業時間
月〜金 9:00〜18:00
※事前のご予約で、
土日祝も対応可能です

日記・コラム-20

闇金 ヤミ金

最近、闇金相談が増えた気がします。

まず、絶対に手を出さないこと!一度借りたら縁を切るのが大変です。平穏な生活が出来なくなってしまいます。

サラ金やクレジットは3社以降はだいたい返済の為の借金です。借りて返す、自転車操業です。

その段階で専門家のところに行けばいくらでも手段はありますが、闇金まで手を出すと解決が厄介です。

闇金処理自体は、特に難しくはないのですが、闇金に1度手を出すと社会的信用が一気に失われます。

自転車操業でやりくりしている方は一刻も早く専門家の相談を受けて下さい。

借金して返済するのは絶対にダメです!

クレサラ相談会

今日は、クレジット・サラ金の被害者相談会がありました。

仲間の船橋の司法書士と成田の司法書士と三人で相談を受けてきました。

債務整理や過払い金や破産など専門家に依頼すれば簡単に済みますが、費用の面から専門家に依頼できない方がいます。そんな経済的に困窮した方のために相談会があるのです。

内田は実はある相談会の副会長を3年しています。毎週相談会を開催しています。今まで相談に来た方は400人を超えています。

費用が払えないから専門家の所へ行けない、そんな人たちのための相談会。

私たちの仕事は商売ではない。そう思える瞬間です。地元千葉の司法書士・弁護士で作った相談会です。

ただし、ホームページを見ていると、司法書士会の無料相談会を担当していると宣伝している事務所がありますが、司法書士会の会員ならば、会務として3ヶ月に一回くらい相談担当が回ってきます。司法書士会の相談員は会員の義務であり、認定司法書士で登録していれば誰でも行うものです。ご注意下さい。

サラ金対策勉強会

今日は一日会議でした。

午前中は事務所で振り込め詐欺の対応に追われました。

18時から、弁護士会館でサラ金対策の勉強会に参加しました。

昨年から過払い金などで消費者に厳しい判決が出ていますが、こちらも負けていません。最新の情報を集め、対応して行きます。お互いの事件を持ち合い検討しました。

今回の勉強会には地元千葉の司法書士5名弁護士4名が参加しました。

午後は日本司法書士連合会で新人研修の企画会議でした。内田は司法書士の新人研修を担当しています。

消費者センター 司法書士内田健夫事務所 消費者問題②

消費者センターの方々の勉強会へ出席して来ました。

余りのひどさに本日二度目の書き込みです。

80代の女性の被害事案が話題になりました。

契約書には、年金生活者との記載がなされていましたが、年収欄には2000万円と記載されていました。また、ボーナス一括払いの記載もありました。

つまり、80代の年金暮らしの女性が年収2000万円で信販会社の審査を通過し、高額な着物を買わされていたのです。年金暮らしの女性がボーナス一括払いで。

それにしても、消費者センターの方々の勉強熱心なのには頭が下がります。仕事が終わった後、のんびりしたい時間に寒い中集まった人達でした。

本日の参加者は司法書士1名、弁護士2名、消費者センターの方が6人でした。

勉強会の後の飲み会はごめんなさいでした。明日も朝から仕事ですから。

消費者センター 司法書士内田健夫事務所 消費者問題

今日は18時から消費者センターの相談員の方々との勉強会に参加して来ます。

最近の傾向として、サラ金・闇金・過払い案件よりも、悪徳商法・次々販売などの消費者問題の方が相談が多いそうです。

今後の業務として積極的に関わって行くつもりです。

平成20年2月21日

司法書士内田健夫

平成20年2月20日

今日は千葉県柏市で千葉青年司法書士協議会の役員会があります。

今年は全国青年司法書士協議会の会長が地元千葉から選出されていますから、地元青年会も積極的に活動して盛り上げて行かなければいけません。

みんな忙しい中、千葉県中から集まって来るんです。不思議な熱気があるグループです。

千葉会では約80名の青年司法書士が入会していますが、青年と言っても、心が青年なら実年齢は不問ですから・・・。

千葉青年司法書士協議会幹事 司法書士 内田健夫

平成20年2月19②

生活保護の担当職員が、生活保護受給者の名簿を闇金へ流していた事が発覚しました。

この職員は、自らサラ金会社や闇金に借金があり、返済できずに困っていたところ、情報提供を見返りに闇金から返済を猶予してもらったとの事です。

この職員が許せないのは当然ですが、急いで司法書士会・弁護士会・県・市が動いて対応しなければ、生活保護受給者の方達が闇金の食い物にされてしまします。そして、その財源は税金なのです。

最近、闇金の被害が増えている気がします。一度借りたら縁は切れません。絶対に借りてはいけません。

平成20年2月19日

今日は、18時から千葉司法書士会で、ゲートキーパー法関連の研修があります。

これは各司法書士会で会則の改正が行われ、ホットな話題です。

簡単に言えば、事件受諾に際し、本人確認が非常に厳しくなるという事です。

ホームページなどで全国から受任されていた方は、今後の対応が難しくなると思います。

登記案件ばかりでなく、債務整理や過払い金・破産事件でも受任の際の本人確認が重要になって来ます。

平成20年2月18日

本日、韓国の有名企業から、ご依頼がありました。日本人の自分も知っているくらいの有名な企業からの問い合せだったので、びっくりしました。お話だけ伺いましたが、司法書士の代理権の範囲外だったので、友人の弁護士を紹介いたしました。

韓国といえば、昨年の暮れに、韓国のテレビ局の取材があり、アナウンサーのインタビューを受け、千葉市内にあるサラ金会社の店舗を案内して回りました。

日本のサラ金会社が、韓国に進出しているとの事でした。びっくりしたのはその金利で、とても返済不可能と思える利息でした。

日本国内では、だんだん利益が上がらなくなったので、外国に進出しているようです。

そういえば、過払い金回収の裁判で分割での和解や減額を求めてくる会社が、ちらほら出て来ました。

景気の停滞、経営状況の悪化などでサラ金擁護論が出てくるのが怖いです。

今日も、ある新聞がサラ金擁護の記事を記載していました。司法書士の青年会で抗議を出すようです。

お問合せ・ご相談予約はこちら

お陰様で地元千葉で10年の実績

<業務案内>
相続・遺言・成年後見・登記・抵当権抹消・債務整理・過払い金・
破産・再生・時効援用・会社設立

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

無料相談電話

043-224-6003

営業時間:月〜金 9:00〜18:00
※事前にご予約を頂ければ土日祝日も対応可能です。

※相談は一日3名様のみ対応可能です。
※土日祝日も大歓迎です。
※秘密厳守

相談は無料!お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る