債務整理・過払金回収・破産・消費者問題など一人で悩まないでください!地元千葉で12年の実績をもつ「司法書士内田健夫事務所」があなたのお力になります。

〒260-0013 千葉市中央区中央4-14-1 千葉不動産ビル4B (県庁・裁判所近く)

ご相談無料・費用分割可能です!
043-224-6003
お問合せフォームはこちら
営業時間
月〜金 9:00〜18:00
※事前のご予約で、
土日祝も対応可能です

日記・コラム-19

相談会

本日、被害者の会の相談担当でした。

破産するしかない・・・そう思って悩んでいた方が。

履歴を取り寄せてみると、過払い金が発生していました。

しかし、サラ金会社からは、「支払いを止めると損害金が発生しますよ」と言われたそうです。

商売とはいえ、図々しくはないですか!

支払う必要ない金銭を要求する業者を、高等裁判所も架空請求だと言っています。

何だか、どこかの高級料理屋みたいに、どこかの肉の加工業者みたいに、儲かれば何でもする。

商売人としての倫理感がないと思う。

消費者は馬鹿ではないですよ。

顧客をナメテいると会社が傾きますよ。

千葉 司法書士 内田

規制問題

タバコの自販機の規制問題が報道されています。

未成年喫煙者の7割が自動販売機でタバコを購入するそうです。

未成年者の健康上の問題などを考えると止むを得ないとも思いますが、ちょっと。

子供が親に頼まれてタバコを買いに行く。小銭をお駄賃にもらう。かわいい光景でしょ。

労働力の対価で金銭を獲得するのは経済学の大原則。

幼い日の記憶が、人を育てる。

目先の事で規則を作っていませんか?

大らかさがない世の中になって行く気がする。味気ない。

千葉 司法書士 内田

過払い金の時効

かつてサラ金会社から借金していたり、信販会社から借金していた方が完済した場合、超過利息の支払いによって過払い金が発生している可能性が高いです。

そしてその過払い金は完済時から10年が経過すると時効の援用により回収が困難になります(民法167条第1項)。

本来返済する必要のない債務を返済したのですから、当然の権利として返還してもらえます。

何も怖い事はありません。

そして、その期間は完済から10年以内です。

千葉 司法書士 内田

5月6日

今日で大型連休もオシマイ。連休中は、日ごろは忙しくて出来ない勉強をして過ごしました。

連休最後の今日は事務所へ行って、ヒーターなどの冬物を片付けて来ました。

連休中、お世話になっている元会長からお土産を頂きました。温泉に行かれたそうです。

ありがとうございました!

明日は夕方から研修が2つあります。

どっちに出席しようか悩んでいます。

一方は幹事になっている団体。他方は最新の勉強会。本当に悩みます。

千葉 司法書士 内田

こどもの日

今日はこどもの日。

私の周りにも子供の人権問題に取り組む方がいます。

社会的に弱者である子供たちが事件に巻き込まれる事がないよう、私達大人は守ってあげなければいけません。

ところで、事務所に来所される方で子供をつれて来る方がたまにいます。

世話をする関係上、子供を預けておける環境がないなど、子供と同席する事がやむを得ない場合もあるでしょう。

でも、多重債務の相談などに子供を同席させるのは良くないです。

子供は小さいながら大人を見ています。

お母さんが何かのトラブルを抱えている事がわかります。

小さいながら不安な思いをします。

私なら自分の子供は同席させません。

余計な心配をさせない。不要なトラブルを与えない。トラブルから守ってあげる。

それも大人の責任だと思います。可哀想でしょ。。

千葉 司法書士 内田

憲法記念日

5月3日は憲法記念日です。

今、改正が議論されています。

国民の皆さんはいろいろな立場で見解も異なると思います。

それが民主主義!立場の違う人達が意見を言い合う。少数の意見も大切。

私たちの代表が国会で議論するから代表民主主義。

国民主権とは、国民が政治に参加し国政を決定する。

今、話題になっている。衆議院の解散も、参議院の否決した法案の再議決も、解散も・・憲法に規定されています。

そして、憲法は国民の権利を定めた法典。権力の乱用から国民を守るために規定されています。

憲法は権力を信用していないのです。

自由は国家から与えられるものではありませんが、憲法が保障しているのです。

私は、英語教育より憲法こそ小学校から教えるべきだと思う。

日本はどういう国で何を定めているのか。国民とは。自由とは。

社会の、国家の仕組みですよ。

千葉 司法書士 内田

デモ行進

今日は一日事務所にいました。

裁判所へ出かけましたが、徒歩一分の距離ですので。

内田の事務所は裁判所も県庁も県警本部も目の前です。

よくデモが通過するコースです。

昨日もメーデーでデモが行われていました。

内田も年に一度くらいの割合でデモに参加します。

最近、呼び方が難しく、何らかの主張のための行進をデモと言わずパレードと言うそうです。

プロ野球のチームが優勝した際に行われるのがデモだそうです???

内田の予定では、今月はデモはありませんが、千葉駅前でティッシュ配りをします。新しく出来る消費者庁の宣伝だそうです。見かけた方はご協力お願いします。

新しく出来る消費者庁が市民のための役所であるように、みんなで支えていきたいですね!

千葉 司法書士 内田

司法書士内田事務所

昨夜は千葉青司協の役員会でした。

仲間が集まってワイワイと楽しかったです。

今後の活動を議論しました。

今日は面談の合間に報告書などを書いていました。

訴訟も一件提出しました。

そして、19時から相談会へ行ってきました。

本当は担当日じゃなかったんですが、お世話になった先生が担当だったので、少しだけお手伝いをしてきました。

はじめは深刻な顔つきで来る方も、だんだん明るくなっていきます。

お金の問題は必ず解決できますからね!

千葉 司法書士 内田

生活保護

生活保護受給者に後発医薬品を使うように指示。最近、話題になっています。

いかにもお役所仕事っぽい発想です。行政は真心がないと味気ないよ!

生活保護は不正受給なども話題になりますが、最低限度の生活を支えてくれる大切な制度です。

役所がOKを出したから受給できているんです。医療費も無料になります。

私の顧客にも何人か生活保護を受給されている方がいます。なぜか気になる方が多いなぁ。

内田の個人的な意見では、最善の治療を受けさせてあげたいです。福祉とはそういう発想で行うものです。国は弱者を絶対に見捨ててはいけないです。

そういえば、ホームレスの無料相談会で出会った路上生活の方を生活保護受給まで同行したことがあります。

今では、アパートに入居され、たまに事務所に顔を出してくれます。まるで別人!良かった!

司法書士 内田

青年司法書士

4月26日〜27日司法書士青年会の会議のため福岡に行って来ました。

今回は全国の土産を持参する事になっていたので、内田は味噌ピーを持って行きました。

そして、長野の方から鯉の佃煮をいただきました。

長野といえば、聖火ランナー騒ぎがありましたが、無事に終わってよかったですね!

善光寺に落書きがされたとの事でしたが、物に当たっても何も解決しませんよ。

またチューリップを切る事件が起きていますが、弱い物や無抵抗な物へ攻撃するのは自分自身が惨めですよ。

今回は、司法書士の名称変更や過払い金の問題などが話し合われました。

いつもながら、全国の仲間に会えるのは刺激になっていいですね。背筋が伸びます。

内田が提案したことが・・千葉で凄い大会が行われる事になるかもしれません。

司法書士 内田健夫

司法書士会

今日は司法書士会の会議に行って来ました。

内容は本年度の会員の研修内容を議論して来ました。

会議は、仲間に会えるのも楽しみの一つです。

お世話になっている先輩や、飲み仲間と会うのは気分転換にもなります。

みんな司法書士が大好きで、真剣に司法書士制度を良くしようと研修を企画運営しています。

また、市民の皆様のお役に立つように身近な問題に対応できるよう研修に力をいれております。

司法書士会では、無料の相談会を実施しています。

市民の方の身近な司法を目指していますので、お問い合わせ下さい。

千葉司法書士会 043−246−2666

裁判研修委員会

今日は、面談が無く、作業に追われる一日でした。

裁判所へ行き先日和解した件の訴えを取下げました。

裁判所が近くだと便利です。

今日は夕方から司法書士会で会議です。

先日奈良の会議の席で、講師にご挨拶をしました。その報告をします。

架空請求

ここ数日、架空請求の相談が来ました。

心当たりがない請求が来た場合、どうしますか?

存在しないような根拠条文で請求してきたり、あり得ない事件番号で裁判所を名乗ったり、専門家なら一発で偽者であるとわかりますが、一般の方は見分けがつかないかもしれません。

そんな時は、自分で判断しないで、消費者センター、司法書士会、弁護士会に問い合わせて下さい。

裁判所からの請求はすぐに対応しなえればいけませんので、素人判断は危険です。

間違っても、ハガキなどに書いてある連絡先に連絡するのは止めて下さい。

千葉 司法書士 内田

破産 審尋

今日は朝一番で裁判所へ行ってきました。

破産申立人が一番緊張する裁判官による審尋でした。

特に問題がなかったため、5分くらいで審尋は終了しました。

一般の方が、裁判所に出頭し裁判官の面接を受けるというのは一生に一度かもしれません。

でも、裁判所は怖いところではありません。

案ずるより・・・かもしれません。

高齢者のクレジット契約

奈良と京都で会議に出席して来ました。

奈良では、クレジット契約の被害事例が報告されていました。

年金暮らしの高齢者が3000万円の買い物をクレジットカードで契約する。

どうやって支払うのでしょうか?

判断能力が衰えた高齢者を食い物に。

今、法改正に向けた最終作業が行われています。

今まで、よく放置してきたものだと思います。

昨年から、地方議会を回って議員さん達にお会いして来ましたが、さすがにどの党の議員さんも、「これはまずい。高齢者や社会的弱者が食い物になっている。」と改正に賛成して下さいました。

商売をする人は儲けて結構ですが、商売にも倫理が必要だと思います。

昨年は、賞味期限の改ざんなど企業の倫理を問う事件が多数起きました。

目先の利益を追求し儲けに走るから、本来の職責を忘れるのです。

職業奉仕とは自分の仕事を通して社会に奉仕する事。

千葉 司法書士 内田

サラ金会社の利息 その債務、完済できますか?

サラ金と取引している方は、国民の4人に1人。

昔、日本人は人から借金をするのを嫌がりました。

今でも、多くの方は借金を嫌がります。

でも、仕方なく借りてしまう。

返済の為の借金。

その借金は返済可能ですか?

もしかして、永久に利息だけ支払うのではないですか?
43条会議IN京都

平成20年4月1日43条対策会議に出席しました。

久しぶりに43条会議に出席しましたが、多くの司法書士、弁護士が出席されていました。

昨日の会議に出席していた千葉の弁護士さん達の姿は見えませんでした。

過払い金を巡っては、昨年から嫌な判例が出ていますので、最新の判例を研究することはとても大切です。

全国で、サラ金会社相手の過払い金返還請求事件で勝ち取った判例が報告されていました。
過剰与信会議IN奈良 千葉 司法書士 内田健夫事務所

過剰与信会議に出席して来ました。

クレジット関係の事件は高齢者が被害者になることが多く、損害額も高額です。

潜在的な被害者はサラ金事件より多いです。

現在改正作業が進んでおり、通達などの細部を巡り予断が許さない状況です。

司法書士、弁護士、消費者センターの相談員の方が多数参加されていました。

今回は千葉から4名の司法書士で参加をしました。

普段一緒に活動されている千葉の弁護士さんが講師をされていました。

とても楽しい研修でした。
過払い金返還請求訴訟 勝訴確定

今日は朝から裁判所へ行って来ました。

サラ金業者は形ばかりの答弁書を提出して来ましたが、裁判官は判決を出して下さるそうです。

次回は判決言い渡しです。日程だけ決めて、裁判所を後にしました。

午後は、破産の方の相談でした。もうすぐ提出ですね。お疲れ様でした!

明日と明後日は奈良と京都で会議です。東京駅から新幹線で奈良に向かいます。

明日は千葉の弁護士さんが講師です。楽しみにしています。

債務整理

債務整理を依頼される方で、よくあるのが、事務所に来られる直前に今月分の返済をされる方。

債務整理とは、約定通りの返済を止め、利息制限法で引き直した残債務額を元本の分割払いで返済する事です。

したがって、今まで通りの支払いはしなくていいのです。

例外もありますから、ご自身で判断されるのは危険ですが、相談に行こうと決心したら、支払いストップは常識です。
定例会

今日はサラ金被害者の会の定例会がありました。

被害者の会としての立場から、問題点や相談体制について話し合いました。

実際に多重債務から脱出した方2名が参加してくださいました。

あんなに悩んだ日々が過去の事に・・・

「支払わなければいけない」から「債務を無くす返済へ」

ちょっと視点を変えれば案外解決は易しいのかも知れません。

会議の後はみんなで宴会へ。

会議

今日は、近所の弁護士さんの事務所で会議がありました。

今後の活動方針をみんなで話し合いました。

人の事務所って面白いですね。今、世間を賑わしている事件を担当されているみたいでした。

会議の後は、いつもの飲み会ですが、今日は失礼して帰宅しました。飲み会も情報交換などで勉強になるし、一緒に馬鹿をやった人間が本当の仲間の気がしますが。明日も夕方からサラ金被害者の会議です。体力温存という事で。

だけど、仕事が終わった後にみんな偉いと思います。

自宅でのんびりしたい時間に、貧困問題や過疎地での法律相談など、自分たちに出来る社会貢献を議論して来ました。

内田

相談会

今日は一日雨でした。まだまだ肌寒いですね。内田は、被害者の会の相談員をして来ました。悪天候のためか、今日の相談会は相談者の方はゼロでした。

予約が入っていないのは朝からわかっていたのですが、それでもふらっと来られる方のために相談会場は開けておきました。

よく法律事務所は敷居が高いと言われます。司法書士の事務所は敷居は高くないつもりです。

しかし、被害者の会の相談会場の敷居は高いと感じられる方は多いようです。

「何度も、入ろうか悩んで帰った」「ビルの外から覗いて入ろうか悩んだ」などなど。

安心して相談に来られる、敷居の低い、そんな雰囲気を作っているつもりです。
消費者委員会

昨年一年間、全国青年司法書士会消費者委員会のメーリングリストを管理人として運営して来ました。

本日をもって07消費者委員会MLは閉鎖します。ちょっと寂しいです。メーリングリストの管理人は初めてだったのでご迷惑もおかけしました。

これからは消費者委員会委員として頑張って行きます。

破産 運用

春は職場も学校も移動がありますね。

裁判所も移動の季節です。

最近、破産担当の裁判官も移動されました。

破産運用が厳しくなっていたので、また対応が変わって来ます。

ただし、いつでも正攻法が一番です。

債務整理 相談窓口

借金の相談はどこにすればいいのか?

また、自分でたどり着いた結論が正しいのか?

一般の消費者の方はどうして判断されているのでしょう。

たまに、東京の方からチラシを出している事務所から断られたと依頼が来ます。

また、おまとめローンを断られたと依頼が来ます。

どちらも断られた方が幸いだったかもしれません。

専門家に辿りつかない方をいかに救うか。私たち専門家の責任は重いです。

千葉青年司法書士会は、ホットラインを計画しています。

知っていただくのも使命だと考えるからです。

どこに相談に行ったらいいのかがわからないを無くすために。

過払い金

最近、大手信販会社から、過去の過払い金について返還のお知られが届きました。

過去のデータに入力ミスがあったらしく、過払い金の額を少なく開示したそうです。

計算ミスにより過払い金の金額を少なく報告して来る業者もたまに連絡が来ます。

代理人がいない方や一般の方は、過払い金の連絡など業者から来ないのかもしれません。

本来なら、業者は全ての利用者に連絡をして過払い金を返還するべきです。

過払い金どころか、債権者として請求して来る業者すらいます。

桜が満開

本日、事務所の近くの猪鼻公園に行って来ました。

千葉城の桜は満開で大勢の方が花見に来ていました。

団子を食べて抹茶を飲んで事務所に戻りましたが、いい気分転換になりました。

毎年、クレジット・サラ金被害者の会のみんなで花見を行いますが、今年は今のところ計画がありません。

寂しいようなホットするような気分です。

債務整理

まじめな人ほど借りてまで返そうとするので、自転車操業から多重債務状態へ。

返済どころか、生活保護が必要なケースもあります。

金利が下がって来て18%くらいの業者もありますが、返済が困難な事は同じです。

毎月の支払いの事で頭の中が一杯で正確な判断が出来ずに、最悪な選択をされる方もいます。

我慢強い人も深みにはまってしまいます。

専門家の敷居は低いですよ。

司法書士なら司法書士会へ、弁護士なら弁護士会へ電話して相談して見るのが一番です。
全青司(全国青年司法書士協議会)

全国の青年司法書士約2800名が参加する団体です。

平成19年度は千葉から会長が選任され活躍されていました。

内田も1年間事務局として参加させていただきました。

そこで学んだことは、市民の目線で、市民のために活動するという事。

我々の仕事は商売ではない。

熱い人達と出会えた一年間でした。

平成20年度、新会長は熊本の方です。

真っ直ぐな目をした青年たちの集まりです。

内田は消費者委員会で参加させていただきます。

お問合せ・ご相談予約はこちら

お陰様で地元千葉で10年の実績

<業務案内>
相続・遺言・成年後見・登記・抵当権抹消・債務整理・過払い金・
破産・再生・時効援用・会社設立

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

無料相談電話

043-224-6003

営業時間:月〜金 9:00〜18:00
※事前にご予約を頂ければ土日祝日も対応可能です。

※相談は一日3名様のみ対応可能です。
※土日祝日も大歓迎です。
※秘密厳守

相談は無料!お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る