債務整理・過払金回収・破産・消費者問題など一人で悩まないでください!地元千葉で12年の実績をもつ「司法書士内田健夫事務所」があなたのお力になります。

〒260-0013 千葉市中央区中央4-14-1 千葉不動産ビル4B (県庁・裁判所近く)

ご相談無料・費用分割可能です!
043-224-6003
お問合せフォームはこちら
営業時間
月〜金 9:00〜18:00
※事前のご予約で、
土日祝も対応可能です

日記・コラム-17

地方行政充実のために

昨日は、地方行政充実ネットの勉強会に行って来ました。

千葉県の基本事業計画について発表し合いました。

食の安全、個人情報、法教育、多重債務問題、消費者センターなどの相談体制充実などなど、千葉県の基本計画から実情及び対策を抽出し発表し合いました。

消費者センターの相談員の方など、さすがに日常受けている実感のこもった意見を発表されていました。

私は、個人情報の部門を担当しました。

コンピューターやインターネットの普及に伴い、個人情報をデータ管理する機会が増えたことに伴う、情報流出などの被害実態及び対策についてご報告しました。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会

昨日は、千葉県多重債務対策会議の福祉行政班会議でした。

本年度の8/10ホームレス相談会について議論しました。

今回は、千葉市の職員の方々と同行して巡回相談も実施します。

また、大塚製薬さんからカロリーメイトなどの商品を提供していただきました(感謝)。

当日は、13時30分から司法書士、弁護士で相談会を実施します。

千葉 司法書士 内田

消費者行政充実ネット勉強会

昨日、千葉市文化センターにて消費者行政充実ネット主催の勉強会が開催されました。

内容は、成年後見について。

講師は、元千葉青司協会長で司法書士の長谷川先生でした。

消費者行政充実ネットの勉強会ですから、司法書士や弁護士や消費生活センターの方も多く参加されておりました。

成年後見の分野は奥が深いです。

日本の制度がドイツやイギリスを参考にしたという話や法体系の違いから来る矛盾点など大変参考になりました。

また懇親会の席で、日本もデンマークの様な福祉が充実した国家を目指せないのかなど楽しい議論も出来ました。

長谷川先輩、ありがとうございました。

千葉 司法書士 内田

最高裁判決

ここの所、最高裁において従前の判断を覆すような判決が出ています。

過払い金の回収や、任意整理の際の判断に大いに係わってきます。

今月末にサラ金班の勉強会が千葉県弁護士会で開催されます。

参加して最新の事例に対応して行かなければいけません。

平成21年7月10日の最高裁判決は弁論を傍聴しに最高裁まで行ったのですが、内容的には決して負けていないと思いますが。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会

8月10日千葉市内においてホームレス相談会を開催します。

大塚製薬よりカロリーメイトをはじめ商品の提供をいただきました。

相談会当日配布させていただきます。

千葉 司法書士 内田

相談会にて

昨日は無料法律相談の相談担当でした。

過払い金についての相談や、過払い金回収の訴状の作り方の相談、特定調停の相談、車の転売に絡んだ法律相談などがありました。

そんな中、ある相談者の方が、自分は司法書士になりたいと言って下さいました。

勉強して社会に奉仕をしたいと。

いつか仲間として行動できる日が来ることを楽しみにしています。

千葉 司法書士 内田

社会人として職業を通して社会に貢献

私がロータリークラブに入会してから5年が経ちました。

昨年は職業奉仕委員長、今年は社会奉仕副委員長です。

中国人留学生の学費を援助したり、フィリピンの子供達のために奥地に学校を建築したり、献血運動に協力したりして来ました。

私達は一人で生きているのではありません。

世の中には、お金持ちや貧しい人や若い人や高齢者など様々な人々が暮らしています。

お金のある人はお金を貧しい人へ分け与え、体力がある人は非力な方を助けていけば素晴らしい社会が出来ると思います。

子供の頃、クラスには運動の出来る子、勉強の出来る子、お金持ちの子などいたはずです。

大人の世界も同じです。そして私達大人は職業を持ち、職業を通して社会に貢献する事が出来るのです。

いろいろな職業の人がそれぞれの仕事を一生懸命に頑張り社会に貢献すれば素晴らしい社会になるのです。

自分の利益ばかり考えて、野心的な人には人は集まりません。

暖かい目で人を見て、自分が幸せになりたいように人の幸せを考え、職業を通して社会に奉仕する事が大切です。

世の中の人は皆、仕事をするのは自分を家族を幸せにしたいからだと思います。
全国一斉 生活保護110番

全国一斉の生活保護相談会を開催します。

後日電話番号を発表します。

日時:平成21年8月1日(土)10時〜16時

場所:内田健夫事務所(予定)

千葉 司法書士 内田

福祉行政班

昨日は福祉行政班の会議に出席してきました。

8月10日にホームレス相談会を開催することになりました。

昨日の会議の後、食事を済ませ帰路につきましたが、公園のベンチでホームレスの方が横になっていました。一人二人ではなかったです。

自分の意志でホームレスになっているなら仕方がないかもしれんません。

しかし何らかの理由から路上生活を余儀なくされているなら何とかして差し上げたいです。

千葉 司法書士 内田

多重債務対策会議

昨日は多重債務対策会議幹事会に出席してきました。

銚子と勝浦での相談会開催が決定しました。

詳しい内容はトップページでご案内します。

千葉 司法書士 内田

消費者行政充実ネットちば

本日、千葉市内において幹事会に参加してきました。

消費者行政充実・・文字通り消費者保護のための行政を充実していくことが目的です。

今後、県との打合せも決まり、予算をいかに消費者のために使っていただくかを真剣に考えていかなければ。

そして、司法書士会・弁護士会のご協力を得ていくため、各種勉強会を開催していきます。

個人情報保護について発表しますので、ちょっと勉強します。

千葉 司法書士 内田

全青司役員会IN千葉

千葉で開催された全青司役員会に出席してきました(日曜のみ)。

ご無沙汰していましたが、地元千葉での開催でしたので出席させて頂きました。

今週は浦安で日司連総会もあったし、土日は幕張で役員会だったので皆さんお疲れだったと思います。

しかし市民のために自分達が出来ることを真剣に考えている姿を見て背筋が伸びる思いです。

しかも全国から千葉に集まっている方々です。

素晴らしい方々と接して思うのは、日々恥ずかしくない生き方をしてしなければならないと決意するのみです。

懇親の席といえども、先輩方から多くの事を学ぶありがたい機会です。

千葉 司法書士 内田

第71回日本司法書士会連合会総会

木曜日と金曜日、浦安で開催された日司連総会に出席してきました。

今回は月報委員として取材参加でした。

二日間に渡り、白熱の議論が繰り広げられました。

その議論のすべてが全国19000人の司法書士の未来のため、国民、市民の未来に影響すると思われる諸問題に関するものでした。

そして選挙により新会長が選出されました。

全国19000人の司法書士会会員の利益のために、すべての国民、市民のために真剣に議論した二日間でした。

総会の模様は月報全青司に記事として掲載します。

千葉 司法書士 内田

電話相談員

2ヶ月に一度の割合で電話相談の担当が回って来ます。

私の担当日の前日に全国一斉の労働相談会が行われたこともあり、事務所に労働相談が寄せられました。

今年は労働相談会に参加しなかった事もあり、久しぶりの労働相談でした。

この不況の中、給料不払いなどの労働問題が潜在的に多く存在すると思います。

相談会に相談に来られた方は、本当にお気の毒だと思いますし、一刻も早く問題が解決し、元の生活を取り戻し経済的に安定する事を願っています。

千葉 司法書士 内田
日弁連人権擁護大会プレシンポIN千葉〜消費者市民社会と地方の役割

昨日、千葉市中央区のきぼーるにおいて、「地方消費者行政と消費者団体及び専門家の関わりと」題しシンポジュウムが行われました。

内閣府の担当者、千葉県の担当者、弁護士会、消費者団体、労働団体など総勢約90名の方が参加されました。

消費者庁が新しく設置されることになりましたが、この役所が真に市民の為の役所になってもらうべく行政に対しアピールすることも大きな目的の一つです。

総括で消費者団体の方が言われた「泥棒が入ったら110番、救急車は119番、消費者被害が生じたら消費者庁」というお言葉が印象的でした。

午前中から準備をし、会場までの道案内などを担当させていただきました。

懇親会を含めて日付が変わる頃まで楽しい一日でした。

千葉 司法書士 内田

最高裁

本日、最高裁判所で不当利得返還請求事件の弁論が開かれました。

今後の過払金回収に大きな影響が予想される事件です。

千葉の弁護士の先生が代理人として弁論されるという事で千葉から4名で応援に行って来ました。

最高裁が弁論を開くという事は厳しい結果が予想されますが、本日の消費者側の弁護団の弁論は理論的にも決してサラ金会社側の弁護団に負けていません。しかも気迫と信念は明らかに上回っていました。消費者側に寄って立つ自らの正当性から来る自信がビシビシ伝わって来ました。

判決言い渡しは7月10日最高裁です。

千葉 司法書士 内田

千葉県多重債務対策室

金融庁が各都道府県に依頼した多重債務対策プロジェクト。

千葉県でも県民生活課で多重債務対策室を立ち上げ数ヶ月が経ちました。

今週、千葉県庁県民生活課での会議に出席して来ました。

各市町村の相談員のマニュアルを作成する会議に出席しました。

多重債務問題に苦しむ方々が相談する窓口がようやく整備されつつあります。

司法書士会・弁護士会などが相談窓口を用意して来ましたが、ようやく県が千葉県内の市町村に相談窓口設置を要請する事になりました。

これまでの千葉県に寄せられた相談件数は3000件を超えているそうです。

思うに多重債務問題は単に個人浪費がもたらした個人の責任問題ではなく、社会全体で考え対応しなければいけない消費者問題であります。

千葉 司法書士 内田

生活保護関係役所

今日は千葉市内の稲毛区役所・花見川区役所・美浜区役所の社会援護課に行って来ました。

社会援護課は生活保護を担当する部署です。

生活保護受給者の抱える問題には多重債務問題が隠れている事が多く、お話をさせて頂きました。

担当者からは、「借金があると思って相談したら過払いだった事もありますよね?」と質問を受けました。

おっしゃる通り借金を抱えて困っていたはずが、調べてみたら過払い金が返って来たなど、よくある事です。

千葉 司法書士 内田

被害者の会相談員

本日は被害者の会の相談担当日でした。

被害者の会の相談は、司法書士や弁護士に委任するのとは違い、本人で問題解決をして頂きます。

司法書士や弁護士はアドバイス(破産申請書の書き方・特定調停の進め方・過払い金回収手段)をするのみです。

しかし、一人で解決することにより、費用も安く上がりますし(法テラスなど国が費用を立て替えてくれる制度もありますが、自分で行うのが一番安上がりです)、何より自分自身が問題に向き合いますので、長い目で見ると真の解決に至る事も多いです。

ただし、代理人が付かない事から、サラ金業者の取立て行為は止まりません(東京の太陽の会ほど知名度がない)為。

また過払い金の請求に関しても、素人からの請求では取引履歴は出して来るが、過払い金の返還請求には対応してくれないサラ金会社が多い気がします。

本日も、利息制限法での引き直しを説明し、過払い金回収の為の裁判についてご説明して来ました(先日、体調を崩し医師のs診察を受けましたが、3分くらいしか面談してくれませんでした私達がお客さんの相談に乗るときは1時間くらいかけますから、お医者さんは細かく患者の話を聞かないなと思いました。)。

最近は、業者側に有利な判決も出て来ていますし、今後も業者に有利な判決が予想されております。

不況でサラ金会社の体力が落ちている事と合わせ、消費者にとっては厳しい局面が続く気配がします。

千葉 司法書士 内田

クレサラ勉強会

千葉の青年司法書士約90名で組織する千葉青司協のクレサラ勉強会に参加して来ました。

昨日は千葉司法書士会理事会開催日でしたので、参加者はいつもより少なく13名くらいでした。

それぞれ日常業務の中で抱えている疑問点を持ち合い討論して来ました。

※勉強会や研修に全然出て来ない人は最新情報などどうやって入手しているのだろう?チラシやインターネットなどで大々的に宣伝している事務所の方は勉強会や研修で会った事がないです。

最高裁判所の判例にも動きがありますし、サラ金会社の主張も変化して来ました。

かつてのような大論点はなくなりつつありますが、勉強が大切な事に変わりはありません。

また、勉強会の席では懐かしいお顔に再会する事もあります。

千葉の司法書士はいいメンバーが揃っていると思います。

ためになり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

千葉 司法書士 内田

闇金などの違法看板撤去

今年も千葉市屋外広告物適正化推進委員に登録して来ました。

昨年は一度だけですが、千葉青年司法書士協議会で千葉駅周辺で闇金などの違法看板撤去を実施しました。

違法な看板とはいえ、所有権がありますし、土地所有者の許可を得て設置している可能性があります。また、憲法上の表現の自由と絡んで来ますので、扱いは慎重に行う必要があります。

今年は闇金看板撤去は青司協の事業計画に入っていませんが、近い将来再び行いたいと思います。

千葉 司法書士 内田

多重債務対策会議

先週の日曜日、旧ぱるる千葉において多重債務対策会議の総会が開催されました。

毎年、盛んになって行くようです。

今年は消費者センターの相談員の方々など100人くらいが参加して頂きました。

もともと千葉県内の司法書士と弁護士で構成する団体ですが、悪徳商法や食の安全など消費者センターの方々が勉強会に参加されるようになりました。

お恥ずかしいながら幹事に再選されました。

私は、多重債務救済として債務整理や破産案件を5年ほど行って来ました。

右も左もわからない駆け出しの5年前から幹事にさせて頂いております。

これまで正義と信念で業務を遂行する先輩の姿勢から多くを学びました。

最近、債務整理など多重債務救済を金儲けの手段のように考えているのではないかと思える人達が存在する気がします。

①インターネットやチラシなどで大々的に広告をして利益の多い仕事しか受けない。

②チラシを配っておきながら、利益にならないと営業外地域だと主張する。

③千葉県内の相場では考えられない報酬を要求する。

私の周りには、私がお付き合いをさせて頂いている先生方には上記のような人間は一人もいません。

そんな魂のある先輩方に囲まれ、恥ずかしくないような姿勢で業務を遂行して来ました。

お医者さんの話にこんな話があります。

「お医者さんの三分の一は金儲けしか考えていない人、もう三分の一は病気の人を助けたい一心の人、もう三分の一は半々である」と。

どの業界も同じなんだなと思いました。

千葉 司法書士 内田

区役所巡り

今日は、千葉市内の3区役所の福祉援護課を訪問して来ました。

まずは中央区役所の福祉援護課がある「きぼーる」に行って来ました。

忘れていたのですが、本日は1日で生活保護費支給日でした。

そのため、11階にある福祉援護課は大勢の方であふれていました。

その中で、担当の職員の方2名とお話をして来ました。

お忙しい中、お話を聞いて下さりありがとうございました。

その後、若葉区役所と緑区役所に行って来ました。

若葉区役所と緑区役所とも職員の方が個室で応対して下さりました。

生活保護受給に若い方が多く訪れていました。

不況の中で職を失い、止むを得ない状況の中、再起を掛け生活建て直しをされている方々が多くおられました。

予断ですが、今年も8月にホームレス相談を開催します。

この不況が多くの人から幸せな家庭を奪っているのかも知れません。

千葉 司法書士 内田

派遣村

昨年の年末から今年の年始、報道で話題になった派遣村を千葉でも開催する事になりました。

5月19日火曜日に千葉駅と市民会館で相談会を開催します。

クレサラ被害者の会、司法書士、弁護士が参加予定です。

行政では手が回らない緊急事態に市民グループが立ち上がった格好です。

千葉 司法書士 内田

消費者庁設置誓願

千葉駅前広場において、署名活動を行いました。

司法書士・弁護士・消費者センター相談員の方など多数が参加され、市民に消費者行政充実の必要性をアピールしました。

内田もマイクを握りご協力をお願いいたしました。

行き交う市民の方々は消費者問題に関心を示して下さり、国会に提出する署名活動に御協力下さいました。

欲を言えば、年少者はビラなどの配布物を受け取ってくれません。

悪徳商法の被害者にならないために、社会的免疫の少ない彼らにも理解して欲しい問題なんですが・・・

またこんにゃくゼリー問題で議論して下さった方もおりました。

今回の活動は、消費者庁が市民の為の役所であって欲しいと、国会にアピールする為に行いました。

市民の方に関心を持ってもらう事が重要です。

千葉 司法書士 内田

花見

昨日は千葉公園において千葉青司協とクレサラ被害者の会の合同で花見をして来ました。

千葉青司協の幹事は昨日の総会で任期満了退任しました。

最後の大役が昨日の総会後の宴会の幹事でした。

クレサラ被害者の会も宴会の幹事を拝命しておりましたので合同で開催させて頂きました。

ご自身で破産手続きをされた方、ご自身で過払金回収の訴訟を提起され取り戻された方、ご家族連れの弁護士さん、ベテランや新人の司法書士など総勢20名くらいで楽しい一時を過ごしました。

千葉青司協は総勢90名の青年司法書士の集まりです。

昨日の総会で会長も交代しました。前会長も新会長も本当に好青年です。

本当に素晴らしい人達と付き合いをさせて頂いて幸せです。

千葉 司法書士 内田

生活保護

本日、福祉行政班の会議が開催されます。

千葉県内の司法書士・弁護士のグループで生活保護など福祉行政の充実を目指して活動しています。

一昨日、クレサラ被害者の会にて生活保護受給の相談を受けました。

生活に困窮し、ガスや電気を止められた方でした。

毎年、自殺者が30,000人。そのうち借金が原因の自殺が8,000人。

未だに借金苦による自殺が後を絶ちません。

21世紀の日本で生活苦による自殺などあってはいけません。

福祉行政の充実、働く意志のない人に税金を与えるのではありません。

千葉 司法書士 内田

消費者条例

昨日も、千葉県の消費者問題の条例作成の検討会議がありました。

千葉県の職員の方や消費者団体の方々が参加され意見交換が行われました。

その中で、消費者センターの相談窓口を充実して行くことや、国の消費者庁の様な機関を千葉県にも作ってくれないかという議論がなされました。

また消費者センターから専門家への協力要請がありました。

司法書士・弁護士・建築士が列挙されていました。

内田は3年間千葉司法書士会で裁判研修委員を務めて来ました。

今年の3月で任期が切れますが、司法書士会として研修を充実して行かなければいけないと思います。

千葉県あるいは市町村の相談窓口から即戦力として期待されています。

千葉 司法書士 内田

消費者行政充実ねっと千葉

内田は食の安全など消費者問題について県の条例作成のベース作業に関与させて頂いております。

現在、千葉県では知事選挙が行われています。

そこで、各候補者に消費者問題の取組についてアンケートをお出ししました。

アンケートのお礼を兼ねて、各候補者の事務所を回り面談して頂く事になりました。

千葉にも国の消費者庁の様な部署を置いて頂きたいです。

出来れば担当副知事など選任して頂きたいです。

6月の補正予算で新知事の独自色が試されます。

千葉 司法書士 内田

鹿児島全国大会

今週末は鹿児島で全青司全国大会が開催されます。

全青司は全国の青年司法書士約2900人から成る組織です。

千葉から9人で参加をして来ます。

全国の仲間と懇親を深め、志を受け取って来たいと思います。

千葉 司法書士 内田

お問合せ・ご相談予約はこちら

お陰様で地元千葉で10年の実績

<業務案内>
相続・遺言・成年後見・登記・抵当権抹消・債務整理・過払い金・
破産・再生・時効援用・会社設立

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

無料相談電話

043-224-6003

営業時間:月〜金 9:00〜18:00
※事前にご予約を頂ければ土日祝日も対応可能です。

※相談は一日3名様のみ対応可能です。
※土日祝日も大歓迎です。
※秘密厳守

相談は無料!お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る