債務整理・過払金回収・破産・消費者問題など一人で悩まないでください!地元千葉で12年の実績をもつ「司法書士内田健夫事務所」があなたのお力になります。

〒260-0013 千葉市中央区中央4-14-1 千葉不動産ビル4B (県庁・裁判所近く)

ご相談無料・費用分割可能です!
043-224-6003
お問合せフォームはこちら
営業時間
月〜金 9:00〜18:00
※事前のご予約で、
土日祝も対応可能です

日記・コラム-16

ハローワークにて

本日、千葉南ハローワークに行って相談会の案内をして来ました。

私が出向いてご案内したのは、多重債務の相談会の案内でしたが、もしかしたら職を求めてハローワークに来ていた方々にとっては借金の悩みは後回しな問題かも知れません。

また駅前の広場で待機をしているタクシーの運転手さん達にご挨拶して相談会のご案内をして来ました。

今年も厳しい経済状況の中ではありますが、私も含め皆さん健康で過ごせます様に!

千葉 司法書士 内田

報酬にびっくり

昨日、ある相談会で相談員をしていました。

相談者の方は、年配の女性。

すでに、10社以上から借入があり返済不能。

さらにヤミ金からも借入。

とても書ききれないほど、複雑というか、廻りの人々から利用され、騙され、どうしょうもない状態になっていました。

自分で見つけた事務所に依頼をし着手金を払った後で辞任され、知人に事務所を紹介するという名目で数十万円を騙し取られた事もありました(弁護士法違反)。

ある事務所は破産の報酬として150万円を要求したそうです。

以前は報酬について基準がありましたが、公正取引委員会の指導で報酬基準がなくなりました。

非常に悪質な事案だと思います。

千葉 司法書士 内田

千葉市消費者展

昨年、千葉市消費者センターにおいて開催された消費者展に参加した際、「司法書士さんも相続をやるんですか?」というショッキングなお言葉を一般市民の方からいただきました。

また、千葉県主催の1日行政相談会の際にも「司法書士さんは相続は専門外ですが相談をお願いしますと」県の担当者に言われてしまいました。

タクシーに乗った際も運転手さんから「司法書士さんの仕事は車庫証明なんかでしょ?」と。

一般市民の皆さんに対して司法書士の内容を広報していない訳ではありませんが、ちょっと反省と奮起をしまして、千葉市消費者センターに行って来ました。

来年1月30日に開催される消費者展の打合せという事でお邪魔しましたので、所長さん自ら対応して下さいました。

登記、相続、債務整理、過払い金、破産、悪質商法、成年後見、家賃、敷金について相談をお受けしますと明確に記載してもらう事になりました。

何とか一般市民の方に知っていただき、その結果、司法書士会が得をするのではなく、市民の方々の利益となって欲しいです。

平成22年1月30日千葉市消費者センターにてお待ちしております。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会

5日の土曜日、稲毛海浜公園から美浜海浜公園、浜田川周辺を廻って来ました。

悪天候の為か、青いシートはありましたが、路上生活者には出会えませんでした。

稲毛の浜でゴミ箱を漁っている方に、ご挨拶をし、大塚製薬さんからご提供いただいたカロリーメイトを渡して来ました。

ある青シートは布団があり明らかに住んでいる形跡がありました。

何もこんな寒い日に路上生活などしなくても、生活保護を受給してアパートに入ればいいのにと思いながら、歩き回って来ました。

千葉 司法書士 内田

悪徳商法110番

本日悪徳商法110番を開催しました。

10件の相談が寄せられました。

原野商法、パチンコ攻略法などの典型的な悪徳商法の他、一般民事事件に関するものも相談もありました。

悪徳商法被害者の方に共通するのは、自分が被害にあっていることに気がついていない。自分が被害者だとわかっていないケースが多いということです。それだけ騙すほうが巧妙といいますか詐欺のプロだということです。

架空請求などの単純な詐欺も多々存在します。

おかしいなと思ったら、自分で判断せず専門家に相談して下さい。

今日は、午前中、千葉市消費者センターの所長さんに会って来ました。

司法書士会を含めて一般市民の皆さんのための相談体制は充実していますから。

私達も更なる広報活動を充実していかなければいけませんが。

千葉 司法書士 内田

王道を生きる

先日、一部上場企業の会長さんにお会いし、お話を伺って来ました。

誰でも知ってるホームセンターの経営をされている方です。

従業員は12000名だそうです。

その方が幼少の頃より、お父上から聞かされた言葉だそうです。

「人間王道を生きろ」と。

お話の内容から、「人間は真面目に生きなければいかん」という意味だと理解して来ました。

昨今、司法書士の脱税事件が報道される事がありました。

仲間内では、「情けない」「わずかな金額でバッチがなくなる様な事をして理解出来ない」「せこいやつ」などと酒の席で話が盛り上がっています。

しかし、一人が問題を起こすと司法書士会全体が社会から冷たい目で見られ、また依頼者からも不審の目で見られる様になります。各人が築いて来た信用が崩れてしまいかねません。

やはり、人間は真面目に生きなければいけないという事です。

司法書士は消費者側に立って様々な活動をして来ましたが、今回の不祥事が利害の対立する人達に利用され消費者運動後退に繋がらないよう祈っています。

千葉 司法書士 内田

ヤミ金は取立には来ない

お世話になっているお医者さんから、ご自身が研究をして来られた成果の資料をいただきました。

その方は、糖尿病の大変な権威でいらっしゃいますが、WHOで研究の発表をされた際の貴重な資料だそうです。

私は糖尿病ではありませんが、現在の医学は、相当進んでいると。

昭和40年ころまでは効く薬はなかったと。

人間の構造であるDNAが解明された昭和60年以降の薬は飛躍的に進歩したと。

そこで、新型インフルエンザについて質問してみました。

すると、「心配し過ぎです、大丈夫です」と言われました。

先日、相談会でヤミ金の相談を受けた際、家に取立に来やしないか。何か怖い事はされないかと心配されている方に対し「心配いりません。取立になんか来ません。ヤミ金は姿を見せないから強がっているだけです。動揺している様を見せてはいけません。相手の思うつぼです。」そう答えました。

確かに、姿を表さない未知の敵は不気味かもしれません。

千葉 司法書士 内田

刑事訴訟法勉強会

昨日は多重債務対策会議の、勉強会及び定例会に出席して来ました。

司法書士の業務では告訴状の作成くらいしか、刑訴の分野は明記されていません。

しかし実務においては、依頼人が逮捕され、身元引受人になることもあります。

そこで、多重債務対策会議の弁護士の先生が、司法書士向けに刑訴の勉強会を開催して下さいました。

大変有り難い、為になる勉強会でした。

刑訴といえば、かつては田宮裕先生や田口守一先生の基本書を読み込んだものでしたが、随分昔の話(20年前)になってしまい、知識の確認に大変役に立つ講義でした。

我が国の憲法は、99条からなっていますが、そのうち刑訴絡みの規定は31条〜40条に規定されています。何と憲法の10分の1は刑事手続に関する規定です。

憲法は、権力から国民を守る為の物ですが、刑事事件がいかに人権侵害の危険性を含んでいるかという事が、おわかりいただけると思います。

我が国の歴史に起因する憲法の話です。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会

千葉中央公園で相談会を行って来ました。

炊き出しをしておられる支援者の方々の脇で、法律相談会を開催しました。

事前に、千葉駅周辺で案内のチラシを配りましたので、普段は千葉駅周辺で路上生活をしている方々も来て下さいました。

相談に来て下さった方は合計で10名。

ほとんどが生活保護に関する相談でした。

多重債務対策会議のメンバーが付き添って、生活保護受給申請に行って来ます。

厚生労働省の職員の方から、市町村の窓口の職員に法律の説明をして、生活保護制度の指導をして下さいと言われております。

千葉中央区役所の職員の方は皆さん、ご理解のある方ばかりですが、場所によっては、生活保護受給申請は厳しい対応をされる事も多いそうです。

次回は12月5日に稲毛海浜公園で相談会を開催する予定です。

千葉 司法書士 内田

多重債務、ヤミ金無料法律相談会

11月9日、菜の花プラザ行われた相談会に千葉司法書士会から派遣され行って来ました。

当日は、太陽の会の本多さんも来られ、イベントが行われていました。

今回の相談会は金融庁の流れで千葉県が主催で行われました。

千葉県の職員も多数出席され、千葉県警の警察官がヤミ金相談に乗ってくれる予定でした。

ところが、朝10時から夕方4時までいて、相談者は8名でした。

千葉県主催の相談会で、こんな安心な相談会はないと思うのですが・・

それでも、相談に来て下さった方は、お話を聞かせていただき、皆さん問題解決の糸口になっていただいたと思います。

来て下さった方々、お疲れ様でした(感謝)

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会事前告知夜回り

葭川公園から千葉駅周辺の路上生活者の方へ相談会のご案内をして来ました。

お話した方は4〜5名。寝ている方は枕元へチラシを置いて来ました。

以前から気になっていたおじさんへもチラシを渡して挨拶して来ました。

用意したチラシは30枚でしたが、気がつけば全て配り終わりました。

弁護士4名司法書士3名で行いました。

23時の集合でしたが、参加して下さった方々、本当にありがとうございました。

路上生活の方には厳しい季節になりましたが、11/7の相談会には弁護士、司法書士の有志が集まり相談会を開催します。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会の事前告知

昨日、11/7に行うホームレス相談会の事前告知の為に千葉中央公園に行って来ました。

千葉西教会の方々が炊き出しをされていましたので、お邪魔にならないように相談会のチラシをお配りしました。

そろそろ冬支度が必要な季節が始まりましが、支援者の方々が冬服を配布されていました。

ホームレス相談会と言っていますが、中央公園の炊き出しに来られる方々の全てが路上生活をされている訳ではありません。

お話をうかがってみますと、「生活保護を受けていたけど、年金を受給出来るようになって打ち切られた」などという方もいました。

先日、ふっと事務所の窓から通りを眺めていると、リヤカーを押している男性が目に入りました。その方は、日中、千葉市内の街頭に座っているところを以前から目にしています。11/4の夜11時に夜回りをします。その時、中央公園の炊き出しに来ていない方々にチラシを配り相談会のご案内をして来ようと思います。救いたい人が沢山いるのです。

ホームレスの方々を収容する施設の問題解決に国が乗り出したと報道されています。実はホームレスの方々に生活保護を受給させ、食い物にする連中も存在するのです。

司法書士がホームレスの方々のために活動することは世間には知られていないと思います。

国家資格として国民の信託を受けているというのは、責任を伴うものなのです。

行動で表すしかありません。

千葉 司法書士 内田

1日行政合同相談会

千葉市生涯学習センターで開催された1日行政合同相談会に参加して来ました。

社会保険庁、法務局、警察、司法書士会などが市民の皆さんの相談を受ける為に合同で開催した相談会です。

私は司法書士会の相談ブースにいましたが、1日で12人の方が相談で来て下さいました。

相続、遺産、名義変更、遺言の相談をお受けしました。

途中、担当の職員に確認したところ、司法書士の所に並んだ市民の方が一番多かったそうです。

こういった相談会は年に一度なので、必要な時にすぐにご利用いただけるというものではございませんが、多くの市民の皆さんにご利用いただいたことに感謝申し上げます。

千葉 司法書士 内田

消費者法教育高校生講座

昨日、千葉県立千葉商業高校にお邪魔し、消費者法教育講座を開催して来ました。

定時制の生徒さんと教職員の方々約90名の前でお話をさせていただきました。

「契約とは・悪徳商法について・多重債務について」事前に学校から講演して欲しい項目をお聞きしておきましたので、希望に添ったお話が出来たと思います。

正直、生徒さん達には難しかったかなと思いますが、将来、悪徳商法や多重債務に陥らないように記憶の片隅にでも残ってくれればいいと思います。

みな一度は「保証人になっちゃいけないよ」とおじいちゃん、おばあちゃんに聞いた記憶があると思いますが、最近の核家族で、子供達が保証人について免疫のない状態で育った可能性もあります。保証人の怖さも説明をして来ました。

公演後、生徒さん達から集めたアンケート結果を見て、評判が良かった事を知りホットしております。

千葉 司法書士 内田

銚子相談会

先週の土日、銚子に行って来ました。

司法書士・弁護士が少なく相談する機会に恵まれない地域に出向き無料で相談をお受けしようと始めた相談会。

今年で3回目です。

地元の司法書士にお世話になり、千葉県多重債務対策会議の親睦旅行を兼ねた恒例の楽しいイベントです。

懇親会には地元警察の刑事さんも来て下さり中々ためになる宴会でした。

肝心の相談会は28名の方が来て下さいました。

相談会の件が、FMで放送されたため、遠方からわざわざ来て下さる方もいました。

交通事故、近隣トラブル、借金問題、学校のいじめ・・・

人が抱えている悩みや問題は日々発生します。

そんな中、誰にも相談出来ず悩んでいる方が、相談に来られて、何らかの解決の糸口が見いだせたなら今回の相談会は成功だと思います。

千葉 司法書士 内田

時効援用

昨日は、法テラスの会議に出席して来ました。

その席で、時効の援用の話が出ましたので、ちょっと説明させていただきます。

皆さんの所に、知らない業者から請求が来たことはありませんか?

かつて利用していたサラ金会社などが債権を譲渡し、全く知らない業者から請求が来る事もあります。

また、以前利用していたサラ金会社から請求が来る事があります。

そんな場合、内容証明にて時効の援用をすれば解決する事があります。

つまりサラ金会社の請求は時効により消滅していると主張すれば、それ以降は請求が来なくなる事があります。

身に覚えがない請求や、契約して大分年月が経った請求が来た場合、自分で判断して支払うのは危険な場合があります。

時効が成立した後の支払いは時効を放棄した事になるからです。

私の事務所でもいいですし、市の相談所でも、法テラスでも構いません、ご自身で判断せず専門家に相談して下さい。

千葉 司法書士 内田

全青司全国研修会INみやぎ

週末、宮城県仙台市で開催された全国研修会に行ってきました。

今回は高速道路が1,000円という事で千葉から往復1200キロ車での行程でした。

一年に渡り地元の実行委員の皆さんが御苦労された入魂の研修でした。

全青司の集まりに行くと自分の業務に対する戒めになります。

私達司法書士は市民の為の存在であるという事。

アメリカで再生法の適用を受けた自動車会社、彼らは自らの利益のみを求めて市場を支配する為に鉄道会社を買収し、鉄道を廃止しました。

やがて消費者の心は離れ、会社は成り立たず再生法の適用を受けました。

私達司法書士は、国家資格です。その存続は国民の意思にかかっているのです。

国民の皆さんに必要がない集団だと思われたらお終い。

研修の内容も本当に為になる有難いものでしたが、司法書士としての立ち位置を再考させられる研修でした。

千葉 司法書 内田

過払い金 最近の傾向

先日、裁判所で司法委員をされている先生とお話をする機会がありました。

司法委員とは簡易裁判所特有の制度で、一般有識者が裁判に関与するものです。

通常、裁判官の指導の下、紛争当事者の間に入り和解を進めてくれます。

そんな、司法委員の先生が、「毎日10件以上の裁判に立ち会いますが、ほとんどが過払い金回収の裁判です。最近、業者の支払いが悪く7割くらいで和解することが増えました」と。

確かに、報道を見る限り、サラ金会社の経営状態は良くないです。

和解の条件も厳しいさを増しています。

そんな中、訴訟の場面でサラ金会社からの主張に反論する資料を探し作っている最中ですが、訴訟を長引かせるより和解を早める方が賢明な気がします。

千葉 司法書士 内田

消費者教育高校生講座

本日、千葉県立千葉商業高等学校にお邪魔して先生と打ち合わせを行ってきました。

10月28日、定時制の生徒の皆さんの前で悪徳商法や多重債務についてお話をさせていただくことになりました。

普段、高校生と接することはないですが、生徒の皆さんの礼儀正しさには感動しました。

正門を入ってから会ったどの生徒さんも立ち止まって挨拶をしてくれました。

当日が非常に楽しみになりました。

また先生の奥さんが司法書士の事務所で働いていた経験があるとお話いただきました。

定時制の生徒の皆さんは普通科の方々よりも社会に接している可能性もありますが、消費者被害に遭わないように微力ながらお話をさせていただきます。

千葉 司法書士 内田

ちば司法書士総合相談センター無料法律相談

内田の担当日が来たので、美浜区の司法書士会館へ行って来ました。

多重債務、過払金、一般民事など色々な相談がありました。

相談は無料です。もし何かの問題を抱えている方がいましたら、是非遠慮なさらずお電話下さい。

相続などの相談も無料です。

一人で悩んでいるより、何らかの解決の糸口になります。

相談の合間には仲間と近所の魚乙で刺身定食を食べました。

千葉市美浜区幸町、千葉の司法書士の心の拠り所です。

千葉 司法書士 内田

消費者法教育高校生講座

来月、千葉県立商業高校へお邪魔して高校生講座を担当する事になりました。

今日は、子供たちの前で話す原稿を仕上げました。

多重債務、闇金、カード破産、デート商法、友人の債務の保証など・・

社会にでる前に知っておいて欲しい事を網羅しました。

でも本当にわかって欲しい事は、借金をする事の意味。

CMなどで借金に対する抵抗がなくなっていませんか?

収入の範囲内で生活する事、財布に入っている現金で買い物する事。

本当に欲しいものは自分の意思で買っていますか?誰かに勧誘されて欲しくないものを買っていませんか?

1時間という短い時間ですが子供たちに話して来ます。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会

一昨年、千葉中央公園で行ったホームレス相談会。

今年も行う事になりそうです。

公園で炊き出しを行っている教会の方々が、今回もご協力していただけるそうです。

今のところ11月の土曜日を予定しています。

11月といえば、寒さが厳しくなる頃ですが、路上生活を余儀なくされている方が一人でも多く相談に来てくれたら嬉しいです。

2年前、相談会に来てくれた路上生活者の方、生活保護の申請をして、アパートの契約をして。

再開した時は別人でした。

千葉 司法書士 内田

消費者教育高校生口座

以前から、高校生などの未成年者に対する法教育を充実させて行かなければいけないと実感していました。

昨今、民法改正により成人年齢の引き下げも検討されています。

そんな中、法律的な知識もなく未成熟なのに法律上は成年として扱われしまう子供達への危機感。

悪質商法や過剰消費社会の食い物にされてしまう危険があります。

社会に出る前の彼らに、社会で起きている様々な現象や被害を教える事で、彼らを守ってあげたいと考えていました。

また、私自身ホームレスの方々に会って話してみるまで偏見があったかもしれない。社会的弱者に対する助け合いの精神。青少年のホームレス襲撃事件を見る度、考えていました。

全てを一時間では話し切れませんが。。。

今回、千葉県立千葉商業高校にて講演する機会を与えて下さいました。

今後、学校の先生と打合せを行い内容を詰めて行きます。

悪徳商法、多重債務問題など社会に出る前に、彼らの記憶の一部に留めておいて欲しいです。

予防司法は教育からと考えるからです。

千葉 司法書士 内田

千葉青司協親睦旅行

週末、千葉青司協の仲間達で養老渓谷に行って来ました。

自転車で流山から来た者、電車でのんびり来た者、家族連れでドライブして来た者など。

みんなで温泉に入り、酒を飲んで来ました。

青司協とは司法書士の青年部の事。

流山の自転車君が言っていました。

サークルの様だと。

青司協は全くの任意の団体です。特定の支持政党や思想はありません。

皆真摯に多重債務問題や貧困問題、成年後見に取り組んでいます。

今回の旅行を企画してくれた幹事の深山君、高橋君ありがとう!

また、内田に相談したいけど、土日しか事務所に来られない方、今週は懇親旅行でした。

ご迷惑をお掛けしました。

千葉 司法書士 内田

勝浦無料法律相談会

千葉県多重債務対策会議の司法書士と弁護士の12名が参加し、親睦旅行を兼ねて勝浦で法律相談会を開催して来ました。

朝晩涼しくなり秋の気配も感じるようになりましたが、この週末は暑く、勝浦にはまだ夏がありました。

弁護士さんはお子さんを連れての参加の方もいましたが、どの子も会うたびに大きくなっている感じがします。

肝心の相談会ですが、5名の方が相談に来てくれました。

来て下さった方々、本当にありがとうございました。

司法書士や弁護士がいない地域で、専門家に辿りつかず、誰にも相談できず悩んでいる人を救いたい、そんな思いで相談会を実施しました。

千葉 司法書士 内田

福祉行政班

昨夜は、福祉行政班の会議に出席して来ました。

10月4日に再度ホームレス相談会を開催する事になりました。

前回は台風が接近中であった為、相談員が集まりませんでした。

大塚製薬さんからご提供頂いたカロリーメイトも配れなっかたです。

また、ホームレスの方を対象とした法律相談会を今年も開催する事になりました。

一昨年に千葉中央公園にて開催し多くの路上生活の方々が来て頂きました。

今年は内田が、中央公園において炊き出しを行っている方々に接触し、法律相談開催をご案内して来ます。

私たちは炊き出しなどの支援が出来ないため、他の団体にご協力頂くのが賢明です。

千葉 司法書士 内田

渉外登記研究

昨日、船橋勤労センターにおいて千葉青司協の勉強会がありました。

韓国、台湾など近隣諸国の民事法を中心に学んで来ました。

台湾は歴史的に我が国と関係が深く、日本民法がベースになっています。

制度を学ぶ上で最も重要なのが、歴史です。

我が国の法制は欧米諸外国に影響を受けていますが、我が国も、アジア諸国の法律に影響を与えています。

楽しい勉強会でした。

千葉 司法書士 内田
盆踊り

週末の土曜日、千葉市の高齢者介護施設にお邪魔して来ました。

年に一度、お年寄りの方々が楽しみにされている恒例のお祭りのお手伝いをさせて頂きました。

かき氷屋さんを担当させて頂きましたが、暑さのせいで飛ぶような繁盛ぶりでした。

町内会の盆踊りでもかき氷屋を担当させて頂きましたが、かき氷作りが得意になりました。

子供達のアンパンマン体操やら、全員参加の盆踊りやらの楽しい一日を過ごして来ました。

ちびっ子達からお年寄りまでみんな楽しそうな様子に、こっちも心から幸せな気分を味わわせて頂きました。

夏祭りって本当にいいですね。

祭りの後は、院長先生のご自宅にご招待頂き、バーベキューをご馳走になって来ました。

千葉 司法書士 内田

ホームレス相談会

台風が接近している中で行って来ました。

悪天候のため、相談を受ける側も6名くらいしか集まらず、中止も検討されましたが。

行って良かったです。

相談会のチラシを手に集まって下さった方は3名いました。

子供の頃、疎開していて生き延びたが、家族は原爆で全員亡くなった方も相談に来てくれました。

皆さん、何らかの悩みを抱えているが相談できる窓口がなく、やむを得ずホームレスをしている方々でした。

経済が低迷している中、多くの方は困難な生活を余儀なくされていると思います。

生活保護制度についての反対意見を頂くこともあります。

しかし、自分の父親より年上の方が路上生活をしているのは、本当に悲しくなります。

戦争経験者に21世紀の日本で路上生活をさせてはいけません。

千葉 司法書士 内田
生活保護110番

先週末、副会長の個人事務所で全国一斉電話相談が開催されました。

NHKで放送された事もあり、多くの電話相談を頂きました。

また、一般の方からご意見として「生活保護を受けている人間の方が自分たちより裕福である。まじめに働いても生活が苦しいのに生活保護制度はおかしいと」いう電話も頂きました。

確かに、経済状況が悪い中、生活が苦しくなっている方々は多いです。

お金が余っている人など少数派かもしれません。

でも、誰でも最後には国が経済的に援助をしてくれる制度を残さないと、自分が困った時に保護を受けられません。

誰でも、人間としての権利として最低限度の生活は保障されています。

私も、そして誰でも、本当に経済的に困ったら国が援助してくれるのです。

千葉 司法書士 内田

お問合せ・ご相談予約はこちら

お陰様で地元千葉で10年の実績

<業務案内>
相続・遺言・成年後見・登記・抵当権抹消・債務整理・過払い金・
破産・再生・時効援用・会社設立

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

無料相談電話

043-224-6003

営業時間:月〜金 9:00〜18:00
※事前にご予約を頂ければ土日祝日も対応可能です。

※相談は一日3名様のみ対応可能です。
※土日祝日も大歓迎です。
※秘密厳守

相談は無料!お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る